HOME>トピックス>困ったときには専門業者にお任せしましょう

おかしいと思ったら

保管してある食材に傷がつき、何かにかじられたような跡がある場合、ネズミの仕業である可能性があります。穀類はもちろん、さまざまな加工品に食害をもたらす可能性があり、古い建屋で、隙間があるような場合は要注意です。米粒大の黒い糞が落ちていれば、ほぼネズミが侵入していると考えて間違いありません。こうした場合、被害が大きくならないよう、できるだけ早期のネズミ駆除が必要になります。

まずは整理から

ネズミが侵入してくる場所の特徴として、しっかりと掃除ができておらず、ネズミにとって安心できる居場所が確保されている場合が多くあります。特に、壁沿いなど、暗くて隠れ家となる場所で餌があれば、何度も訪問してくるものです。そのため、ネズミ駆除のためには、まずは整理整頓を心がけることと、頻繁に清掃を行うことが大切です。

しつこい場合は捕獲

整理整頓を心がけていても、何度も侵入を繰り返している痕跡があるときには、ネズミ駆除に本格的に乗り出す必要があります。食中毒原因ともなるネズミを放っておいてよいことは何もありません。特に、ネズミの侵入ルートをある程度限定できる場合、市販の粘着版は効果的であり、大目に仕掛けておくことで、捕獲の可能性が高まります。

困ったら業者へ

しかし、ネズミの中でもクマネズミについては、上部から侵入してくることもあり、なかなか手ごわい相手といえます。このような場合は、経験豊かで知識も豊富なネズミ駆除業者に依頼することです。侵入ルートの特定から、ネズミの好まない環境づくりに尽力してくれます。

広告募集中